丸福ボンバーズ?

What’s Marubon?

福島三郎/Saburo Fukushima

丸福ボンバーズは、福島三郎が主宰する劇団です。

2012年から新たにお送りする演劇活動の発信拠点となります。

福島は泪目銀座(ナミギン)でも脚本・演出を担当しておりましたが、公演ごとに役者を集めるプロデュースユニットであったナミギンとは違い、俳優も所属する、劇団形態をとることになります。

公演内容ですが、劇団員総出演で取り組む福島三郎の描き下ろし新作はもちろん、メンバーの提案や希望に応じて、一人芝居や音楽芝居など、様々なことにチャレンジしていきます。

福島だけではなく、所属するメンバー全員で劇団をプロデュースしていくイメージです。

また、泪目銀座で上演した演目をリニューアルして公演するというような企画も考えています。

「丸福ボンバーズ」にどうぞご期待ください。

THE ORIGIN/由来

イメージは、野球やサッカーのチーム名です。

演劇とか芝居といったマニアックな雰囲気ではなく、メジャー感のある集団を目指します。

主宰である福島の名前から一字とり、公演ごとに爆弾級のインパクトを与えたいという思いから、ボンバーズという名前になりました。

「マルボン」なんて気軽に呼んでいただければ幸いです。

いや、無理に呼んでいただかなくてもいいのですが。

「マルフク」でも「ボンバー」でも、なんでも。

劇団ロゴマーク

 

HOME GROUND/ホームグラウンド

マルボンでは、小田急線千歳船橋駅近くの、APOCシアターをベースに公演活動を行っていきます。

キャパシティも100人足らずで、知名度もまだまだ低い劇場、そして土地柄ですが、カフェと一体型になっており、空間として魅力のある劇場です。

このアポックシアターで定期的にマルボン公演を行うことで、劇団としての自力をつけ、劇場とともに成長していきたいと考えています。

もちろん、都心にある知名度の高い劇場や、地方公演等をやりたくないわけではありません。

あくまでもスタート地点として、そして丸福ボンバーズのホームシアターとして考えています。

「マルボンの新作はアポックで観られる!」なんて言われるようになりたいもんです。

ACVTIVITY/活動内容

【ちびっこボンバーズ】

本公演とは別に、定期的にちびっこ向けの演劇ワークショップをおこなう、ちびっこボンバーズ、「ちびボン」としても活動しています。

演劇を通じてのコミュニケーション能力の向上「EQ」(心の知能指数)を高めよう!

そして演劇をより身近なものに!という主旨のもと2013年より始動しましたプロジェクトです。劇団という特徴もいかし、本物の演劇を身近に体験出来ます。

劇団本公演の際にはちびっこバックステージツアーも開催しております。

【ライブ】

劇団員のみで毎週火曜に行っているワークショップのコンテンツをベースに、「ショートスケッチライブ」も行っております。

「ショートスケッチ」=短いお芝居のこと。

些細な日常に、少しだけ刺激を加えたショートストーリー。

ボンバーたちが自ら考え、練り上げた物語。

コントのようでコントでない、それがマルボン流ショートスケッチです。

>「敷居は低いけど質の高いエンターテイメント」をお送りします!

「敷居は低いけど質の高いエンターテイメント」をお送りします!

CTR IMG